印鑑はとってもデリケート

印鑑イメージ

認印の使い方を知っていますか?
使った後のお手入れの仕方や保管の仕方を知っていますか?

印鑑全体にいえることですが、きちんとした使い方、お手入れ方法、そして保管ができていないとあっという間に印鑑がダメになってしまいます。

印鑑はとてもデリケートなものです。
ですからきちんと印鑑のお手入れや保管をきちんと行わないといけません。

印鑑を使うときにもまずは大事な約束がありますよ。
印鑑を押すには朱肉が必要です。
この種肉の付け方にもきちんとした使い方があります。

軽くポンポン、それだけでいいのです。よくギュッギュッギューっと押し付ける人、ボンボンボンと何度も朱肉に印鑑をたたきつける人、いろいろありますが、それは全部ダメです。

優しく朱肉を付けることが印鑑を長持ちさせるポイントです。
押し付けると朱肉が印面に入り込んでしまって、そのまま固まってしまうと結果印面がひび割れを起こす場合があります。

使い終わったら印面をきちんと拭いて朱肉の油分もキレイに拭き取りましょう。
そうしないと印鑑に染込んでしまい印鑑の枠がもろくなってしまうこともあるんだそうです。

印鑑を使い終わったらとにかく印面をキレイに拭き取るのが第一です。
そして印鑑の大敵といえば「乾燥」ですよね。

この乾燥から印鑑を守るものというのは印鑑ケースです。
使い終わったら印面の朱肉をきれいに拭き取り、そして印鑑ケースに入れる。

これが印鑑にとって一番シンプルで一番いい保管の方法です。
ちなみに印鑑ケースはアルミのケースであれば、プラスティックのケースに比べて衝撃にも強いでしょう。

ケースが壊れやすいこともないのでオススメです。

~ 便利サイト情報 ~

<即日出荷サービスあり>名刺作成

自分好みの名刺をどこよりも早く手にしたい方にオススメなSPEED名刺館

多彩なサイズやデザインから選べるテンプレートは500種類以上!
仕上がりイメージを確認できるプレビュー機能搭載で簡単・自由にレイアウトを調整しながら、オリジナルの名刺を作成できます。

ページの先頭へ