高級感・重厚感のある印鑑

印鑑イメージ

認印をはじめとして、銀行印や実印を作ろうと考えている人は沢山いると思いますが、印鑑を作るには印材も大事なんですよね。

最近の印鑑では若い人が持っていてもかわいいなぁ、カッコいいなぁ、オシャレだなぁと思うはんこがとても多くて、どれにしようか迷うほどだそうです。

でも、その印鑑の印材としては、昔からある「黒水牛」、これはいわゆる高級印鑑などによく使われていて、昔の印鑑のイメージがありますが、人気の印材のひとつです。

年配の方や、シックな黒を好む人や、昔ながらの印鑑がいいという人にはオススメの印材だそうです。

黒水牛はベトナムなどを中心とした東南アジアの水牛の角を使用して作られる印材です。最大の特徴は、濡れたような漆黒、その光沢だそうです。

牛の角は皮膚の一部だって知っていましたか?主成分はたんぱく質です。

その角の中心部分の密度は非常に高くて、いわゆる反り返り、割れなどに強くて、「芯持ち」というように屋バレて印材としてとても人気があるんです。

天然素材なので乾燥に非常に弱いといえます。
ですから太陽光・照明などに長時間当ててしまうと簡単にひびが入ってしまいますので注意が必要です。

どの印鑑もそうですが、冷暗所に保管、というのが重要なことです。
黒水牛の印鑑って、これだけ派手な印鑑がたくさんあると、どうしても地味な印鑑になってしまいますけど、でも、シンプルで美しい、漆黒の印鑑というのはとても美しいものです。

セットで作ると圧巻かもしれませんが、認印だけでもとても重厚感が出てきますよ。

~ 注目WEBサイト ~

〔こだわりの住まいを彩るスタイリッシュな表札〕

暮らしをデザインする表札の専門店 表札館

耐久性に優れたクールなステンレス、和の空間を演出する和グラスサインなどバリエーション豊かな表札を多数そろえています。

オフィス・事務所看板、マンション看板といったさまざまな用途で使用でき、住まいの雰囲気に合わせた表札が見つかります。

ページの先頭へ